« いつもだいたいこんな感じ | トップページ | 今日は普通の日普通の日普通の日 »

フリー読んだ

話題になってる本
フリー読み終わりました。
ジャンル的にはビジネス書なのだろうが
なんだかとても読みづらかった。
300頁くらいしかないのに5日ぐらいかかった。
中身はデジタル社会のものがどんどん無料で世の中に
出ていっちゃう。この現実を受け止めたうえでどうやってビジネスに変えるか。
って感じです。

僕はいわゆるグーグル世代で
タダでサービスを受け取るのに慣れ切っちゃってるんで
この流れがどんどん加速するといいなぁと思いますねけど
その業界にいる人にとっちゃたまったもんじゃないですよね。
少しは著作権違反に対する罪悪感もあるんですけど、やっぱ
誘惑に負けてアニメ見ちゃいますもんね。
無料で見れつつ制作会社もペイできるものがあればいいんですけどね。
法律で縛るのは面白くないですしね(こっち側からすれば)

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 Book フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

著者:クリス・アンダーソン
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する



内容紹介
「世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル」

「〈フリーミアム〉という新しいビジネスモデルを提唱し、ビット世 界の無料経済に正面から取り組んだニューヨーク・タイムズ・ベストセラー」

 
なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?
な ぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?

あなたがどの業界にいようとも、〈無料〉との競争が待っている。
そ れは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。
そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得る
このフリーという過激な価格を味方につけるこ とができるだろうか?

●無料のルール
1.デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる
2.アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない
3.フリーは止まらない
4.フリーからもお金儲けはできる
5.市場を再評価する
6.ゼロにする
7.遅かれ早かれフリーと競いあうことになる
8.ムダを受け入れよう
9.フリーは別のものの価値を高める
10.稀少なものではなく、潤沢なものを管理しよう
ワイアード誌編集長が放つ最新作。
世 界25か国で刊行!    
 
 
      

内容(「BOOK」データベースより)

 

  なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?あなたがどの業界 にいようとも、“無料”との競争が待っている。それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得るこのフリーと いう過激な価格を味方につけることができるだろうか。    

« いつもだいたいこんな感じ | トップページ | 今日は普通の日普通の日普通の日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリー読んだ:

« いつもだいたいこんな感じ | トップページ | 今日は普通の日普通の日普通の日 »