« ザ・テレビジョン | トップページ | 憎まれっ子世に憚る »

収監ブックレビュー

キティ「私思うの。我々が憎しみは同属嫌悪と妬みから生まれるんじゃないかって」
スヌーピー「つまり僕がエルモを幼稚だと思うのは同属嫌悪で、君を憎むのは
  君がセレブとかの商品に利用されてることへの妬みだといいたいんだね」

ミッキー「僕は全てを持っているから何も憎むものが無いんだね
     ディズニーバンザイ!!」

スヌーピー「このメリケンが」
キティ「ただ単に憎いから憎いというのもあるのね」

というわけで今日はネタもないんで
最近読んだ本についてかくことで茶を濁します

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さっそく3巻が出たんで買っちゃいました
今大人気の聖☆おにいさんです

イエスとブッタが立川で暮らすという
衝撃のギャグマンガ
よくこんなこと思いついたな

ホント面白いんですけど
俺の知識の範疇を超えたギャグが出てくるんで
マックスの面白さを堪能するために手塚治虫読むしかないなと思い始めてます
でもこんだけテレビとかに出始めると
どっかからチャチャが入って終わってしまうことを危惧しますね


白洲次郎占領を背負った男 白洲次郎占領を背負った男

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認す

NHKのドラマがあまりにスカッとしすぎたんで
買ってみたんですけど
原書のほうはそこそこでしたね
いやぁでもカッコイイ、かっこよすぎる
僕の学校の社会教師に言わせれば「似非歴史」の一言だそうですけど

もうあまりに政治がダメすぎて少しのカリスマ臭で
惹かれちゃうんで危険ですね
それにしても最近の吉田茂フューチャーはまっさか
太郎ちゃんの浮揚狙ってんのかなぁ

ジャック・ウェルチ わが経営(上) (日経ビジネス人文庫) Book ジャック・ウェルチ わが経営(上) (日経ビジネス人文庫)

著者:ジャック・ウェルチ,ジョン・A・バーン,宮本 喜一
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この人は経営の神様って言われてる人だから読んでみたんだけど
この人がすごいのはわかったけど気はあわんな
みんなが想像するアメリカ人をあまりにも体現してて
そのぐいぐい来る感じが無理っす
体育会系の臭い満々

町長選挙 Book 町長選挙

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

相変わらずとんでもない精神科医だな!!
シリーズの第三巻なんですけど
今回も
ひらがなが書けなくなったIT社長
死への恐怖からフラッシュ恐怖症になった新聞社社長
などなど
今回も愉快な患者がいっぱいさ
軽めな小説読みたいときはオススメ

お、意外と長くかけた
お~わり!!

« ザ・テレビジョン | トップページ | 憎まれっ子世に憚る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

松岡圭祐の千里眼シリーズおすすめだよ

=管理人から=
脳内メモに保存しときますよ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収監ブックレビュー:

« ザ・テレビジョン | トップページ | 憎まれっ子世に憚る »